可能性を感じる、太陽光発電について

やっぱり、太陽光発電をするなら、日照時間の多い場所がいいのではないかと、感じる人も多いでしょう。
実際に、そういった気候に恵まれている地域では、県や市のホームページが強く勧めているなど、地域を上げて普及させていきたいという姿勢を感じさせられますからね。
そう考えると、日照時間の少ない場所の場合、あまりオススメできないのではないかと、思う人も多いかもしれません。
しかし、降雨量が多いイメージがある、日本海側に位置する島根でも、自治体が力を入れていることが分かります。
例えば、メガソーラー事業です。
候補地を具体的に決めて、ホームページで企業を募集していますからね。
もちろん、太陽光発電には日照時間が重要ですが、もっと重要なのは土地の広さです。
公に利用できる土地が広ければ広いほど、その可能性も広がるでしょう。
いくら、日照時間が長くても、東京や大阪、名古屋のような都会になってしまう場合、個人の住宅の屋根とか、学校などの施設などすでに出来ている建物なんかに設置して、その持ち主が恩恵を受けるという方法ならば可能ですけど、事業としてメガソーラー発電を誘致するというのは、非常に難しいはずです。
そう考えると、島根のような環境なら、可能性を感じます。
ちなみに、ホームページをチェックすると、日本海側独特の気候により、あまり手を上げる業者もいないのではないかという心配も個人的にありましたが、候補地について発電業者が決定している場所もいくつかあるようです。
やはり、鋭い感覚の人は、法律で買取り価格が上がった事や、この先、安全なエネルギーが求められることなど、未来の動きを察知して、島根県における可能性に敏感に反応したのでしょう。
島根は太陽光発電以外の新エネルギー導入促進計画も、積極的に行っているようですね。
それもホームページにちゃんと載っています。
個人レベルでもどうせ太陽光発電を導入するなら、気合の入った自治体で行いたいですよね。
島根は、その条件を十分に満たしているんですよね。