自然環境に優しい住宅を

環境に優しい住宅に住みたいと考えている家庭は年々増加傾向にあるようです。
特に大きく重視したいのは次の2つのポイントだと思います。
一つは二酸化炭素の排出量です。
二酸化炭素は熱を抱え込む性質があります。
そのため、二酸化炭素濃度が高いと太陽光で温められた地表の熱が宇宙へと拡散しにくくなってしまいます。
これは地球温暖化に警鐘を鳴らしたアル・ゴアがノーベル平和賞を受賞したことからでも重要性がわかります。
地球温暖化によって食糧危機や水不足などが起こり、戦争や難民が多発するといわれているのです。
つまり、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を出さないようにすることで自然環境を守ることができ、戦争や飢饉などを防ぐことができます。
もう一つは核廃棄物の問題です。
原子力発電では必ず核廃棄物が副産物として生じてしまいます。
その副産物の最終処分場はまだ決まっておらず、未来において大きな負担となり、環境にも大きな影響を与えるといわれているのです。
このように、二酸化炭素排出や核廃棄物といった自然環境に悪影響を与えるものを他人事のように思っている人がいるようです。
でも、これは普通に電力を消費している私たち一般消費者にとって決して他人事ではないのです。
というのも、現在日本の発電で大きなシェアを占めている火力発電は石炭や石油・天然ガスを燃焼するため二酸化炭素を排出してしまいます。
一方、原子力発電はほとんど再稼動していませんが、今後稼動していく可能性もあり核廃棄物が問題になってくるのは間違いありません。
そのため、一般家庭でも電力について考えていくべきだと思います。
一般家庭でもテレビやパソコンや冷蔵庫や洗濯機など多くの電力を消費しているのです。
その電力消費で環境の良いものにするために、太陽光発電システムを取り入れている家庭が増加しているのです。
今後その太陽光発電システムを取り入れる家庭が増加していくことで、自然環境の負担を減らすことができます。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>