一戸建て住宅と太陽光発電パネルの設置場所

自然環境に優しい住宅を実現するために、太陽光発電パネルというのはとても理に適っています。
その太陽光パネルを設置する場所でポピュラーであるのが一戸建て住宅の屋根の上です。
ただ、一戸建て住宅の屋根の上ならどこでも良いというわけではありません。
適している方角というのがあります。
それは、南側に向いている屋根です。
というのも、太陽の軌道は南側に向いているからであり、南側の屋根のほうが日照時間が長いのです。
北側の屋根に設置するよりも、太陽光発電パネルの発電量が全く違っています。
どうせ太陽光発電パネルを設置するのですから、少しでも発電率を高めていきたいものです。
だからこそ、設置する屋根の方角というのは何気に大切なモノです。
実際に多くの一戸建て世帯では太陽光パネルの設置する方向は南側です。
「街で道に迷って方角がわからなくなったとき、太陽光発電パネルの方向から南側がわかった」という人もいたくらいです。
ただ、方角はあくまで一般的な話です。
近くに高層ビルやマンションがあって日中でも南側の屋根に影が入るようならば、いくら南側の屋根に太陽光発電パネルを設置してもほとんど発電しません。
そのため、南側の屋根に設置するのは基本的であるますが、それに捕らわれることなく一番適した場所に設置するように心掛けるべきでしょう。
そうすることで、太陽光発電パネルの効果を最大限に活かすことができ、自然環境に良い住宅にすることができるはずです。
設置する場所でいえば、決して一戸建ての屋根だけでなくてもいいのです。
車庫の屋根の上であってもいいですし、改めて太陽光発電パネルを設置するための場所を設けることも時としては考慮するべきです。
そして、一戸建てでなくてもマンションやアパートなど賃貸住宅になって太陽光発電パネルを設置することは可能です。
もっと太陽光発電パネルと末永く付き合っていくように、柔軟に考えていくことが大切になっている時代なのです。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>