自作で作られる太陽光発電システム

一戸建て住宅にしろ、マンションにしろ、太陽光発電システムを取り入れるときは太陽光発電メーカーでなければ出来ないと思っている人も多いです。
しかし、自作で太陽光発電システムを作ることができます。
もちろん、太陽光発電パネルやバッテリーやインバーターなどを一から作ることはできませんが、それらを購入して組み立てていくことは自作でもすることが可能なのです。
主に必要とされるものには太陽光発電パネル・バッテリー・インバーター・チャージコントローラーなどが挙げられます。
さらには、部品どうしを繋ぐためのケーブルや固定するための角材・ケース・棚・漏電しそうなところを守るための防水シートなどが必要となります。
それらを組み立てていくことで太陽光発電システムを自作で作ることが出来るため、日曜大工感覚で行っている人も少なくないようです。
一般の人が思っている以上に簡単に組み立てることができますし、費用もほとんどかからないためリーズナブルで、興味がある人は試してみてもいいでしょう。
しかし、自作の太陽光発電システムで注意をしなくてはならないものが2つあります。
それは節電対策と売電目的で利用することができないというデメリットがあることです。
というのも、節電対策をするためには電気系統に手を加える必要があるので電気工事士の資格がいります。
そして、売電目的で利用するにはJATEという専門機関で査定を受けなければならないのです。
この2つは一般の人々が簡単に出来ることはできません。
そのため、自作太陽光発電システムはアウトドアの照明・暖房に使ったり、災害時の予備電源として使うのに適しているのです。
また、電力消費の激しいスマートフォンで外出中の充電用として活用されたり、子供への工作として利用するのにも適しているかもしれません。
そして、売電目的や節電対策のために利用したいと思うのならば、太陽光発電メーカーに依頼するのがベストの方法だと言えます。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>